【夫婦で加入!】フラット35は団信保険に強い住宅ローン!?

フラット35は団信保険に強い住宅ローン!?

フラット35しか加入できない団信保険というものがあると聞きました。どのようなモノなんでしょうか。




フラット35のおさらいをしよう!

●変動金利よりも高い

住宅金融支援機構の住宅ローン。たくさんの銀行がこの住宅ローン「フラット35」を代理店のようなかたちで販売しています。

最大の特徴は、金利がずっと固定ということ。フラット35ということなので最大35年固定金利として支払い続けることができます。

住宅筋痛支援機構が金利上昇リスクを抱え込んでくれているので、変動金利よりも高くなります。

●手数料がバラバラ

取り扱い金融機関によって金利が違うかというと大きく変わりませんが、どちらかというと「事務手数料」の違いが目立ちます。

金利や手数料がこちらからみてみてください。

【2021年は最大級に金利が安い?!】住宅ローンはフラット35を活用します!

2020年7月24日

●審査が優しい

勤続年数は融資審査の対象外です。転職して間も無い方でも大丈夫かもしれません。「永住者」または「特別永住者」の資格を持っている外国籍の方でもOKです。

会社経営者、個人事業主の方は民間金融機関の住宅ローンは審査が厳しいのですが、フラット35の方が向いています。

そして頭金1割以上しているかいないかで金利が大きく変わってきますので、1割以上は用意しておくべきですね。(なくてもOK)フラット50という住宅ローンもあるところはあるので、気になる方は調べてください。(50年、総支払額がすごいことになりそうです。。)

フラット35が団信保険に強い住宅ローンの理由

□夫婦2人で加入できる

通常、1つのローンに対して団信保険に加入できるのは1人かと思います。

夫婦が加入する場合、ほとんど旦那さんが加入しますよね。一方、奥さんが加入しないため、奥さんに万が一のことがあってもローンは減りもなくなりもしませんよね。

フラット35では夫婦2人で加入できる「夫婦連生団信保険」がある!

なんとなんと、夫婦2人で加入すればリスクが偏ることがありません。

夫婦どちらかが亡くなっても、持分割合にかかわらず、夫婦で借りたローンの全額が残高0になります。これだけ手厚い補償があれば、この先のローンの支払いに対して安心できますね。

□注意したいこと

●共働き夫婦であることが条件

フラット35を夫婦で借りた場合2人分の保証をつけることができます。共働き夫婦は一緒に住宅ローンを返済する連帯債務者として収入を合算し、フラット35を利用される方が多いと思います。

そのような方のみ「デュエット(夫婦連生団信)」に加入できます。

団信保険は金利組み込み型ですので、毎月の支払いが無理なければ良い話ですよね。

●金利が高くなる

借入金額より0.2%ほど高くなります。

万が一を考えると残りのローン残高が0になることを考えれば安く捉えることもできますよね。

●思わぬトラブルがある!

ローンを支払っている途中に離婚した場合はどうなるのでしょうか。

【いますぐ売却する場合】不動産が高く売れて、住宅ローンをすべて返済できれば、問題はなさそうです。

【どちらかが住み続ける】一度組んだ「連帯債務」「連帯保証」は離婚しても簡単に外すことができません。借り換えをすることが良いかもしれません。

どちらかが住み続けている場合でも、住んでいる方が支払いを滞らせれば、住んでいない方に支払い請求が来るのは当たり前です。

日本では、ここずっと、多くの夫婦が離婚していることが問題となっていますよね。

夫婦で借りる住宅ローンはリスクが高いといえます。最初は大丈夫と思ってしまいがちですが、一度決めたことを35年継続し、やりにくことができる方は少ないかもしれません。

あなたが良いと思っている物全てプラスすると、金利もその分上乗せで、結局総支払いが増えますよね。

大変なことですが、1つ1つデメリットを理解してから、納得して手付金を払い、マイホームを手にしたいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA