【ノリタケの森】に「イオン」と「マンション」が建設されるまでの道のり!歴史を知っとこ!!

【ノリタケの森】に「イオン」と「マンション」が建設されるまでの道のり!歴史を知っとこ!!

名古屋に在住の我が家ですがノリタケの森を意識し始めたのは新築マンション「ザ・パークハウス」が建設されることを知り、モデルルームが公開されるとの情報を耳に入り「住みたい」と思ってからでした。

それまでは「ノリタケの森」と言う存在は知っていましたか、ノリタケの森に足を運んだこともないほど興味を持っていない土地でしたが、住みたいと思ってからは「なぜノリタケの森って有名なんだろう??」と素朴な疑問を持つようになりましたので調べてみました。

実際、我が家は関東地方に住んでいた時期が長いので名古屋と言う地域はまだまだあまり詳しい方ではありません。

しかし関東に住んでいた時から「ノリタケの森」は知っていました。ネットや雑誌などで名古屋の観光に必ずと言っていいほど乗っている「ノリタケの森」。

そのノリタケの森の敷地に「イオン」が建設され、「住居用マンション」が建設されることはとても興味を持ちますよね♪

素人ですので、詳しく調べられませんが私なりに記事としてまとめていこうと思います♪




ノリタケカンパニーリミテド本社に隣接する工場跡地

ノリタケの森とは「ノリタケカンパニーリミテド株式会社」の工場跡地に建設された「森」となっています。

ノリタケカンパニーリミテド株式会社とは「ノリタケ食器」として有名となっていますね♪ノリタケブランドは欧米で絶大な人気を博し、国内の業者が模造して輸出した偽物が出回るほどであったとも言われています♪

そんな会社の工場跡地に作られたものが「ノリタケの森」となっています♪

2018年12月13日には市民緑地認定制度による市民緑地の認定される

市民緑地認定制度は聞き慣れない制度だと思います。私自身もよくわからないけどなぜ調べてみましたか、名古屋のホームページには

「市町村長により認定を受けた設置管理計画に基づき、民間主体が広場等を「市民緑地」として設置・管理する制度です。民間主体による緑の保全・創出及び空き地の有効活用等の取り組みを一層推進します。」

と記載されています!

具体的に、、、制度のメリットとしては、、

名古屋市では、緑地保全・緑化推進法人が、市民緑地設置管理計画に基づき設置する市民緑地の土地にかかる固定資産税・都市計画税について、1/2に軽減します。(ただし、下記の条件があります。)

  • 無償貸付及び自己保有の土地に限ります。
  • 平成31年3月31日までに認定された計画に基づく市民緑地に限ります。
  • 軽減措置が受けられる期間は、市民緑地を設置した年の翌年1月1日を賦課期日とする年度から3年度分です。

となっているそうです!!

そんなノリタケの森では昔「ノリタケドーム」を建設する計画があったそうです♪

1970年代後半に日本初のドーム球場「ノリタケドーム」を建設する計画があった

ドーム球場と言えば現在、中日ドラゴンズが本拠地とする「ナゴヤドーム」が東区にあります。

ドーム球場といえば「東京ドーム」が日本初のドーム球場として1988年3月18日に開場しています。

そんな日本初のドーム球場が、1970年代に「ノリタケ」の場所に建設する計画が持ち上がったそうです。昔から注目されている土地と言うことがわかりますね♪

ノリタケといえば「森村市左衛門」という人物を知っとこ!

「森村市左衛門」によってノリタケ食器の前身となる「日本陶器合名会社」が創業されました♪

調べるとすごい人物ということがわかるんですが、ここで説明するにはとても素人には難しいと思いましたので簡単に書いていきます。

森村市左衛門は「森村財閥(明治から大正期に成立した財閥で、6代目森村市左衛門が創設した森村組(現在の森村商事)および日本陶器合名会社(現在のノリタケカンパニーリミテド)とその系列会社で構成されていた、陶業、商事を中心とした企業集団のこと。)を創設者でもあり、森村グループとして様々な事業を広げたことで功績がある?そうです。

森村グループ

  • ノリタケカンパニーリミテド
  • ノリタケテーブルウェア
  • ノリタケジプサム
  • 共立マテリアル
  • 大倉陶園
  • TOTO
  • 日本ガイシ
  • 日本特殊陶業
  • 森村商事

など

受け継がれる土地にイオンとマンションが建設される

世界的な企業に発展した創業の地でもある「ノリタケ」に「イオン」と「マンション」が建設されるのはとてもいろいろな権力が動いたと感じられます。

ノリタケの森の再開発計画には10年かかったともいわれているのは「この土地を守る」ことやしっかりと「社会に貢献する」計画が持ち上がっていたからなのかもしれませんね。

もちろん素人の私なので、ネットで調べただけであり詳しい人に聞けたわけではありませんので、ただの「想像」なのかもしれませんが、名古屋市が大切にしている土地と言うのは間違いありません。

そんな「ノリタケの土地」に住居用のマンションが建設されるのですが、全部で470戸ほどとなっています♪

名古屋市でありメガターミナル駅である「名古屋駅」からの徒歩圏内に位置する特別な「土地」には約470世帯しか住むことができません。

そんな歴史あると土地にマンションが建設されるとなれば気になりますよね♪

ノリタケの森に建設される「イオン」ですら「初のオフィス一体型」と特別仕様になると言うことです!

地域のアイコン的なマンションはリセールが高い

【ノリタケの森×イオン×ザ・パークハウス名古屋】このような地域のアイコン的なマンションや場所は一言で伝わりますし、

万が一、マンションを手放すことになってしまっても「買い手」がみつかりやすいですよね♪

だからこそ初めてマンションを買いたいと思った私でもあります♪

人気が高くて抽選になると思いますが、マンションを購入するために行動していこうと思っています♪

ノリタケを教えて♪

最後になりますが、まだまだ名古屋と言う土地に慣れていない我が家にとっては、名古屋の歴史をネットで検索する以外の方法がありません。もし歴史に詳しい方がいればぜひぜひ教えていただけると幸いです♪

もっともっと名古屋駅周辺は変わっていくと思っています。10年後は今では想像できないような雰囲気になっていると思います。その中で今の名古屋駅周辺は分かるのですが、昔の名古屋駅を知らない。昔の名古屋の栄えてるところを知らない。

もし名古屋なら詳しいよ!という人がいれば、ぜひコメントしていただけると幸いです♪

では♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA