【オメガ3】今注目されているカメリナオイル!料理に使う油で一番ベストなものとは?

料理に使う油

スーパーでよく売っているサラダ油・オリーブオイルとカメリナオイルの特徴を比較してみます。

サラダ油/サラダオイル

特徴

精製された植物油の一種です。下記のサラダ油を混合して作られる「調合サラダ油」もあります。

  • 油菜(キャノーラ種)
  • 綿実(わりと高価な油)
  • 大豆
  • ごま
  • サフラワー(リノール酸やオレイン酸が多い)
  • ひまわりの種
  • とうもろこし
  • 米(ビタミンが多い)
  • ぶどう(グレープシード)

オリーブ油/オリーブオイル

オリーブの果実からとれる植物油です。

特徴

  • オレイン酸が多い
  • イタリア・スペイン・ギリシャ等で生産される。
  • 紫外線により劣化してしまう。

オリーブの果汁から遠心分離などを機械的な処理で抽出したものをヴァージンオリーブオイルといいます。

その中で、香りや味で欠陥が一つもなく酸度が0.8%以下のもをエキストラヴァージンオイルといいます。

オリーブオイルには品質等級があり、日本のスーパーではエクストラヴァージンオイルが高級オイルとしてよく販売されていますね。

次にご紹介するオイルはエクストラヴァージンオイルよりももっと高級品で、栄養価が優れている日常使いのオイルです。

カメリナオイル

特徴

  • オレイン酸が多い
  • シミ取りに効果的なサポニンが含まれている
  • 値段が高い

料理の油としておすすめなのが「創健社」の食用カメリナオイルです!!

「創健社 カメリナオイル」の特徴

  • 癖のない味で続けやすい
  • 熱に「強いオメガ3」なので炒め物に使ってもOK!
  • オメガ3・6・9のバランスを良く摂取できる

オメガ3を 2

オメガ6を 1

オメガ9を 2

このように理想のバランスで摂取できます。

まとめ

料理で使う油で自然と健康を手に入れられるのはうれしいですね。注意点としてはこのように書かれていますので、購入する方はこちらの注意書きを読み、安全に使用していただければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

価格は高いですが、美肌・健康を求めてカメリナオイルを使う生活を続けていきたいと思います。

2 件のコメント

  • コメントありがとうございます!訂正させていただきました。また、他にもありましたら、教えていただけますと幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。(運営者)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA