ヒルドイドを超える?!ヘパリン類似物質★スキンケア・ボディクリームはいくら?

あなたに合ったボディクリームとは?

ボディケアをする目的は、多くの方が保湿をしたいからだと思います。

自分に合ったボディクリームがなかなか みつからないと思っている方は、保湿の成分にこだわってみるのはいかがでしょうか。

「ヘパリン類似物質配合」+αのケア商品がおすすめです。

美容目的の人はコレ買わないで!!

保湿成分として優秀な「ヘパリン用類似物質」配合のスキンケア・ボディクリームについて調べたときこのようなyoutubeを見つけました!!

内科皮膚科医でいらっしゃる友利 新さんは下記のyoutubeで「ヒルドイドソフト軟膏0.3%」が社会問題になり、特定の方へ気を付けてほしいという内容でした。

ヒルドイドとは?

ヒルドイドは、病院で処方されないと手に入らないといわれています。

なぜ人気?

なぜヒルドイドが人気かというと、ヘパリン類似物質と呼ばれる、すごく強い保湿成分が0.3%入っているためです。

どんな効果?

どんな効果というと、水分を保持することや血流を良くしてくれます。

病院で処方されることにより、湿疹ができたり、強い乾燥する方、アトピー等の治療目的として使われています。

ヒルドイドの社会現象とは?

先ほどの友利新さんのyoutubeでは、全体の医療費の0.4%(60億円)使われてしまったと言われています。

そして、厚生労働省によってヒルドイドを「保険適用外」にする検討をされたということです。

治療目的ではなく美容目的で私たちのお金が使われてしまっているのはかなり問題ですよね・・そして本当に欲しい方にとって保険適用外の商品になってしまったら、困りますよね・・

たしかに美容のためにこの商品が欲しい方が続出し、一時期ブームがあったのを思い出しました。ただ、通常のスキンケアにはふさわしくない「使用感」であったり、べたべたでなじみが悪かったりします。先ほどのyoutubeを最後までみると、ヒルドイドを過剰に使うという選択はしな方がよいとわかりました。

【市販】ヘパリン類似物質0.3%の医薬品はたくさんある

お近くのドラッグストアやオンラインショップで購入できるヘパリン類似物質配合のスキンケア・ボディケアを集めてみました。

ほとんどの商品がヒルドイドと同じヘパリン類似物質0.3%含有の商品だということもわかりました。

そしてお値段が結構バラバラでしたので、どの商品が安いのかの評価も個人的にしてみました。

それでは、どのような会社の商品があるのかみてみましょう。

新新薬品工業株式会社

【第2類医薬品】乾燥肌、角化症の治療薬として薬局・薬店・ドラッグストアで取り扱っています。

ローション・クリームともにヘパリン類似物質は0.3g(100gあたり)と表記されています。

ピアソンHPローションEX 50g

成分

説明書にはこのように書かれています。商品1本 50gなのでヘパリン類似物質0.15g(0.3%)ということになりますね。

価格

一本(50g) \980(税抜)

※10gあたり \196(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】普通

次はクリームの方の内容をみていきましょう。

ピアソンHPクリームEX 50gg

成分

説明書には上記のように書かれています。商品1本 50gなのでヘパリン類似物質0.15g(0.3%)ということになりますね。

価格

一本(100g) \1780(税抜)※写真のものは私の近所の薬局では売っていないため、100gの方と購入しました。

※10gあたり\178(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】安い

50g当たりで計算するとローションよりも90円安いです!

ピアソンHP油性クリームEX 50g

2020年10月25日より、販売がスタートされた商品です。私の近くのドラッグストアでは取り扱いがまだでした。

新新薬品工業株式会社公式ホームページでこのように書かれていました。

成分

(100g当たり)

ヘパリン類似物質 0.3g、グリチルリチン酸二カリウム 0.5g、トコフェロール酢酸エステル 0.5g

商品は50gでなので1本に対しての内容量が下記になると思われます。

ヘパリン類似物質 0.15g、グリチルリチン酸二カリウム 0.25g、トコフェロール酢酸エステル 0.25g

価格

一本(50g) \1900(税抜)

※10gあたり\380(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【成分】グリチルリチン酸ニカリウム(グリチルリチン酸ジカリウム)・・抗炎症作用・・0.5%含有

【成分】トコフェロール酢酸エステル・・血行促進・・0.5%含有

保湿・抗炎症・血行促進の作用がありますので価格は高くなっていますね。

【価格】高い

エイザイ

ザーネメディアカルスプレー 100g

成分

(100g中)

ヘパリン類似物質・・・0.3g

添加物:カルボキシビニルポリマー、ヒプロメロース、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、グリセリン、トリエタノールアミン、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

価格

一本(100g)\1800(税抜)(約650プッシュ分)

※10gあたり\180(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】安い

スプレータイプなので背中へ直接つけやすいのも◎

ザ―ネメディカルクリーム 25g

成分

(100g中)

ヘパリン類似物質・・・0.3g

添加物:濃グリセリン、スクワラン、軽質流動パラフィン、セレシン、白色ワセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ジブチルヒドロキシトルエン、エデト酸ナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル

価格

一本(25g)\600(税抜)

※10gあたり\240(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】高い

次は友利新さんもyoutubeで紹介していた商品です。

健栄製薬

ヒルマイルド ローション 60g

成分

(100g中)

ヘパリン類似物質0.3g含有

商品1本 60gなのでヘパリン類似物質0.18g配合(0.3%含有ということになりますね。

添加物:セトステアリルアルコール、白色ワセリン、グリセリン、2,2’,2”- ニトリロトリエタノール、軽質流動パラフィン、スクワラン、ステアリン酸ポリオキシル40、モノステアリン酸グリセリン、カルボキシビニルポリマー、パラオキシ安息香酸プロピル、パラオキシ安息香酸メチル

価格

一本(60g)\1550(税抜)

※10gあたり\258.3(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】高い

ヒルマイルド クリーム 60g

成分

(100g中)

ヘパリン類似物質0.3g含有

商品1本 60gなのでヘパリン類似物質0.18g配合(0.3%含有ということになりますね。

添加物:サラシミツロウ、セレシン、白色ワセリン、エデト酸ナトリウム水和物、ジブチルヒドロキシトルエン、グリセリン、軽質流動パラフィン、スクワラン、グリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、パラオキシ安息香酸プロピル、パラオキシ安息香酸メチル

価格

一本(60g)\1550(税抜)

※10gあたり\258.3(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】高い

ジャパンメディック株式会社

こちらの会社はヘパリン類似物質情報サイト「ペパペディア」を運営しており、商品も開発しています。

ヘパリン類似物質の基礎知識がわかりやすく書かれているのでぜひチェックしてみてください♪

ヒフメイド油性クリーム 50g

成分

(100gあたり)

ヘパリン類似物質 0.3g配合

添加物:グリセリン,スクワラン,流動パラフィン,ワセリン,セレシン,サラシミツロウ,グリセリン脂肪酸エステル,ポリオキシエチレンオレイルエーテル,硫酸マグネシウム,パラベン

価格

一本(50g)約 \2000前後(税抜)

※10gあたり 約 \400(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】高い

販売会社は「ミナカラ薬局」が主で、アマゾン・楽天・ヤフーショッピング(paypayモール)から購入することができます。

minahada

成分

(100g中)

ヘパリン類似物質・・・0.3g

添付物:ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル、グリセリン、プロピレングリコール、中鎖脂肪酸トリグリセリド、流動パラフィン、スクワラン、ジメチルポリシロキサン、パラベン、エデト酸Na、カルボキシルビニルポリマー、ポリアクリル酸Na、ジイソプロパノールアミン

価格

一本(50g) \1980(税抜)

※10gあたり \396(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質・・本家と同じ配合0.3%で◎

【価格】高い

こちらも、販売会社は「ミナカラ薬局」が主で、アマゾン・楽天・ヤフーショッピング(paypayモール)から購入することができます。

気になる方はネットで調べてみてくださいね。

ヘパリン類似物質 配合の医薬部外品

先ほどは医薬品をご紹介したので配合量がわかったのですが、これからご紹介するのは医薬部外品の化粧品なので細かい配合量が不明です。

KOSE Maruho Pharma

コーセーとマルホの2つの会社が合わさった「コーセーマルホファーマ株式会社」です。

カルテHD(旧名称 Carté(カルテ) ヒルドイド)

企業秘密によって詳しい配合量はわかりませんが、先ほどの友利新さんのyoutubeでも言われていたように、ヘパリン類似物質0.3%よりも低濃度です。その分、美容目的の保湿成分「うるおいバリアCPX」が配合されています!

うるおいバリアCPXとは?

  • グリセリル グルコシド
  • セラミド類似ポリマー
  • 3種のアミノ酸
  • 濃いグリセリン
  • スクワラン

いろいろな保湿成分が入っていることがわかります。+グリチルリチン酸ジカリウムで炎症を抑えることができます。よって、単純な保湿というだけではなく、様々な効果が期待できる美容目的の化粧品です。

  • カルテHD 高保湿化粧水 150ml \1800(税抜)
  • カルテHD 高保湿乳液 120ml \1800(税抜)
  • カルテHD 高保湿クリーム 40g \2300(税抜)
  • カルテHD 高保湿オールインワン 100ml \2700(税抜)

評価

【成分】ヘパリン類似物質HD配合・・配合量不明

うるおいバリアCPX

グリチルリチン酸ジカリウム

【価格】\1800~2700と高い

※10gあたり \120~\575 と価格はバラバラです。

まとめ

【医薬品】ヘパリン類似物質0.3%入っているものの中で一番安かったのは「ピアソン HP クリーム」です!

一本(100g) \1780(税抜)※10gあたり\178(税抜)なので、とてもお手頃でした♪

成分がお肌に合っているかどうかが大切なので、一度気になった商品を試すのがよさそうですね。

そして成分がよいからと言って「使用感・香り」の良さは人それぞれの感じ方がありますよね。無香料と書かれていても、なんだかこの香りが嫌・・と思ったことはありませんか?匂いが敏感な方は嫌いな香りの商品を使い続けるのが難しいと思います。

カルテHDのように医薬部外品の化粧品だと、配合量は不明ですが、うるおいに特化している成分がたくさん入っていました。個人的には、化粧水が量のわりに安いので、体に使っています。お風呂上りに使っているのですが、べたべたしないけどとろみがあってしっとりしますよ♪

ヘパリン類似物質配合の医薬品はいろいろとあるので、これからも試して使いやすいものを選んでいこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA