【外商カード】百貨店のお得意様カードは年間いくら購入しないといけないの??

【外商カード】百貨店のお得意様カードは年間いくらお買い物しないといけないの??

百貨店でのお買い物が好きな方であれば「外商カード」の存在を知っている人も多いと思います。 外商カードとは1顧客に対して百貨店が外商員が専任してくれます。

外商カードは百貨店それぞれで「お得意様カード」「お帳場カード」と呼ばれています。

外商カードを手にするには紹介またはお買い物実績を作るしかありません。飛び込みで申し込みした人でも年収などで手にすることができる可能性もあります。

では外商カードを保有したら年間でいくらお買い物をしなければならないの?

【結論】

※最低ライン(割引率を維持する前提)

三越・伊勢丹 年間100万円(税込)
高島屋 年間100万円(税込)
大丸・松坂屋 年間70万円(税込)

毎年、70万円〜100万円を外商に加盟した百貨店でお買い物をしなければなりません。

ただし、上記のお買い物購入金額に届かなかったとしても外商カードが剥奪されることはありません。

お買い物購入金額が届かなかった場合は外商カードによる10%割引のサービスが改悪され、「7%割引」もしくは「5%割引」と翌年の割引率が下がっていきます。

外商員が自宅にくるのは優良顧客のみ

百貨店の外商担当員が家に商品をもってくるなんてドラマやニュースでみたことある人もいるかと思います。普通の外商顧客であればまず外商員が自宅に来る事はありません!

※百貨店のより、百貨店でも入会する店舗によりサービスが異なります。

先祖代々、百貨店の外商を使っている人や年間に相当な額を購入している人であれば家に腕時計を何本かもった外商員がくるかもしれませんが・・・

我が家のように年間で最低限のお買い物購入金額ぐらいの人は自ら店舗へ足を運んでお買い物することが基本となります。

外商カードを保有している人の中でもランク付けがされているため優良顧客の部類に入りたい方はそれなりのお買い物をしなければならないことになります。

最後に私の意見として1つ!

百貨店の外商会員になれたとしたら「年間で最低このぐらいは買ってくださいね!」と決められているお買い物購入金額であってもサービスはとても満足できます。

庶民の私の感想ですので富裕層の人の気持ちは正直わからないため庶民としての意見として聞いてくださいね♪

百貨店の店舗に出向くのも「お得意様カード」があれば駐車場無料サービスがあったり、 ちょっとしたラウンジでソフトドリンクが提供されたり快適にお買い物できます♪

さらに 百貨店で10%の割引は大きいですよね! ただ外商カードを持っていても優待割引が受けれないブランドがあります。私が調査したところどんなに優良顧客であろうと割引対象外のブランドは1円も割引されません。

優良顧客になればサービスを拡大するのですが普通の商品を買うとなれば割引対象の商品は同じです。

なので 最低ランクの外商顧客でも十分楽しむことができます♪

興味がある方はぜひ外商カードを目指してくださいね♪

もし、私の調査不足でこの記事に書いている情報が間違っている場合があればコメントして頂けると幸いです♪

では♪




2 件のコメント

  • しんちゃん 様
    初めまして。コメントありがとうございます。
    外商は百貨店により、さらに入会する店舗によりサービスが異なるようですね。自宅にきてもらえるサービスを受けれるのは羨ましい限りです。

  • 外商カードを2018年に入手した者です。
    「百貨店の外商担当員が家に商品をもってくるなんてドラマやニュースでみたことある人もいるかと思います。普通の外商顧客であればまず外商員が自宅に来る事はありません!」とありますが、都心の某デパートの外商担当者に最初にあったときにいつでも家に伺いますと言われました。
    私は外商をよぶような家に住んでいないし、年収もサイトにあるより少なく、よぶような買い物をしないのでよんだことは有りませんが、連絡すれば家に来てもらえると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA