【緊急非常事態宣言延長!!】百貨店が倒産・破産したら政府はどう対応するのか?

【緊急非常事態宣言延長!!】百貨店が倒産・破産したら政府はどう対応するのか?

2020年5月4日に安倍首相が会見して緊急事態宣言を5月末まで延長すると発言しましたね。

コロナウイルスの収束を求めるのはわかりますが経済のことを考えたらどうなんでしょうね。

私の身近で言えば「百貨店」です。

「株主」でもあり「友の会」の会員で積立をしています。

株主として株価の変動などのリスクはわかっていますが問題は「友の会」ですよ!!

百貨店の休業は「政府」に方針で百貨店の方針ではない。友の会で積立している人からしたら解約もできない。問合せすらままならない。

百貨店で友の会に入会していると不安

もし自分が入会した百貨店が経営がうまくいかなくて破産してしまったのなら少し仕方ないと思えるかもしれません。

コロナウイルスで客足が少なくなって倒産しても仕方がないと思えるかもしれません。

しかし、ここまで政府が自粛要請して営業ができない中で倒産になってしまったら仕方ないとは言えませんよね。

少なくも私は「政府を許せません」!!!

不要不急でも百貨店には用があります!デパ地下だけでは生活で欲しいものがたりません。

なのに食品以外は休業しています。

それでニュースでは前年同月70%超減!とか・・・当たり前ですよね。

とりあえず今回の会見をみて経済対策がなさすぎる・・・

もう自粛は我慢の限界にきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA