高級ブランドが好きならデパート・百貨店の「外商カード」を作るべき!外商へ入会すればお得だよ!!

外商カードがおすすめな人は百貨店に入っているブランドが好きな人♪外商へ入会すればお得だよ!!

1つのアイテムでも数万円〜となる高級ブランドは魅力的ですよね♪そのような高級ブロンドは百貨店・デパートに店舗が入っていることが多いため、百貨店の「外商カード(外商顧客)」を持てばお得に購入することもできてしまいます♪

だからこそ、高級ブランドが好きならデパート・百貨店の「外商カード」を作ることをおすすめしています♪

高級ブランドは好きだけど・・そんなに買わないよ!?

高級ブランドは好きだったり興味があったりしますが、「そんなに買わないよ!」いや「そんなに買えないよ!?」という人もいるかもしれません。

ちなみに、我が家は「そんなに買えないよ!」のタイプです。

関連記事【外商カード】百貨店のお得意様カードは年間いくら購入しないといけないの??

関連記事サラリーマンでも百貨店・デパートの外商カードは入会できる!外商でおすすめの百貨店はここだ!

我が家のようなタイプでも「百貨店の外商」はメリットがありますのでおすすめしています♪

外商顧客には割引や高いポイント還元の優待がある!

百貨店の外商顧客には「割引」や「ポイント還元」が通常会員よりも良い待遇で設定されています。これらのサービスは百貨店により異なりますし、昔から入会している人と今から入会する人では少しサービスが違っていたりするそうです。

私の場合は、本体価格より「最大10%割引」が適用されることになっています。

優待アップの+1%の割引へ増額されますので11%割引でお買い物することができるようになっています。

ちなみに、私が外商になっているのは、「大丸・松坂屋」です♪このブログの他に記事でも紹介しているのですが大丸・松坂屋の外商カードは「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」となっています♪

個人的な意見をいうと、ポイント還元よりも「レジにて割引」が嬉しいですのでとても満足しています♪

関連記事百貨店の10%割引とポイント10%還元はどちらがお得?

では、外商カードを持っているとすべての商品が割引になるのでしょうか?

結論を申し上げますと、「外商カードでも全ての商品が割引・ポイント還元となることはありません!」!!

外商カードでも割引・ポイント還元が除外されている商品や割引率・ポイント還元率が下がる商品があります。

外商カードで「割引・ポイント還元」が除外または減額されている商品・ブランド!

“割引・ポイントの除外品”
  • 商品券
  • ギフトカード
  • 全国百貨店共通商品券
  • 百貨店ギフトカード
  • ギフト券類
  • 金・銀・白金の地金類
  • タバコ
  • 旅行費用
  • 荷具
  • 送料
  • 修理・加工料・箱代
  • 保険料
  • 金融商品 など
“割引・ポイントの除外ブランド”
  • Van Cleef & Arpels(ヴァンクリーフ&アーペル)
  • HERMES(エルメス)
  • Cartier(カルティエ)
  • CHANEL(シャネルブティック)
  • CHANEL(シャネルファインジュエリー)
  • Tiffany&Co.(ティファニー)
  • Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)
  • BVLGARI(ブルガリ)
  • FOXEY(フォクシー)
  • Berluti(ベルルッティ)
  • PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ)
  • ROLEX(ロレックス)  など

※私が外商顧客になっている百貨店では上で記載したブランドに加え、「ハリーウィンストン」「チューダー」などが割引の対象外となっていました。除外品は予告なく変更される可能性がありますし、百貨店により多少違う部分がありますが筆者が調べたところによると、大手百貨店ではどこでも同じような内容になっている可能性が高いです。

“割引・ポイントの優待が減少するもの”
  • 食料品
  • レストラン
  • 喫茶
  • 特価品(セール品)

百貨店の食料品やレストラン・喫茶(カフェ)・特価品(セール品)では外商カードでも優待が1%の割引やポイント還元率になっているところが多いようです。

こちらも百貨店により異なる可能性が高いですが、筆者が使っている外商カードは「食料品・レストラン・喫茶(カフェ)・特価品(セール品)」では優待割引が1%となっています。

除外品・対象外ブランド以外は優待が受けれる!

上記では外商カードでも割引やポイント還元の対象外となっている品物やブランドを紹介してきましたが、逆に言えば 上記で紹介したもの以外であれば「ほとんどのものが外商カードで優待を受ける」ことができるようになっています。

筆者が外商カードで割引を受けて購入してきたブランド♪

“外商カードで買ったもの”
  • CHAUMET(ショーメ)
  • ピアジェ(Piaget)
  • ディオール(Dior)
  • モンクレール(MONCLER)
  • ロジェ・ヴィヴィエ(Roger Vivier)
  • フェンディ(FENDI)
  • グッチ(Gucci)
  • ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE & GABBANA)
  • その他、国内ファッションブランド多数
  • 現代アート
  • アルフレックス(arflex)
  • モルテーニ(Molteni&C)
  • 食料品・カフェ・レストラン

など

ちなみに、外商カードでは優待がありませんが「シャネル(CHANEL)」の財布を買ったこもあります♪

外商カードの優待ってどのくらいお得なの?

私が持っている「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」の場合は「お買い物購入金額の実績」により優待率が変わってきます。

入会初年度 10%割引
前年が70万円以上の購入実績 10%割引
前年が30万円以上70万円未満の購入実績 7%割引
前年が30万円未満の購入実績 5%割引

※金額はすべて税込でのお買い物購入実績となっています。

入会初年度は前年のお買い物購入実績がありませんので平等に10%割引となっております。2年目以降は前年のお買い物購入実績により外商カードの優待率が変わります。ただ、どんなに優待率が悪くなっても5%割引となっていますので優しいですね♪

そして、5%〜10%の優待率が「前年のお買い物購入実績」により変動しますが「除外品や対象外ブランド」など前年のお買い物購入実績により変動する事はありません!もちろん「食料品・レストラン・喫茶(カフェ)」では優待割引が1%となっている部分も変わりません♪

前年のお買い物購入実績により変動する優待

“優待が変わるもの”
  • 通常商品の優待率
  • 駐車場サービス
  • 外商担当??
“優待が変わらないもの”
  • 優待の除外品
  • 優待の対象外ブランド
  • 食料品・レストラン・喫茶(カフェ)
  • 特価品(セール品)

※外商員がお買い物購入実績によりどれだけサービスを変えてくるのか?正直なところ筆者にはわかりません。

サービスが変わってくれなきゃこまるというほど百貨店でお買い物しているわけではありませんし、外商カードを保有してそこまで年数が経っていませんので不明な点が多いのも事実です。

ある程度の年数が経っていけばサービスも変わるのかな?でも今はこちらが連絡しなきかぎり外商員から連絡がくることもありませんのでお付き合いするのがとても楽です♪

欲しいものや興味があるものに対して連絡をすれば、すぐに回答がもらえますし店舗にいってお買い物をしていても「優待」だけ受けて普通に買い物することができますので気楽です♪

だからこそ、ブランドが好きな人は気楽に買い物ができる今がチャンスです♪百貨店の外商は変わろうとしていますので昔のようなお堅いイメージはありません♪

特に筆者が持っている外商カード「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」は、ネットから申し込みが可能となっています♪

大丸・松坂屋は若い世代の人や年収が高くなくても末長くお付き合いできる人に「外商カード」を持ってもらう政策にチカラをいれています♪

ブランド物が好きで年に1度は購入している人や百貨店でお買い物している人であれば「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」を作っておいても損はしないと思いますよ♪

関連記事大丸松坂屋お得意様ゴールドカードをネット(WEB)で入会申し込み方法は?準備することや注意点を解説!

大丸松坂屋お得意様ゴールドカードをネット(WEB)で入会申し込み方法は?準備することや注意点を解説!

2022年2月19日

気になる方はネットから申し込みをしてみてくださいね♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA